アンティーク コーヒーテーブル アンティーク家具について

コーヒーテーブルならこの家具も。おすすめアンティーク家具をご紹介

これまで、“欲しい雰囲気はどれ?アンティークコーヒーテーブルのデザイン4選”の記事や、“使い勝手で選ぶ。アンティークコーヒーテーブルの4つのチェック項目”の記事などで、アンティークコーヒーテーブルについてご紹介してきました。ひと口に「コーヒーテーブル」といっても、天板の形や高さ、見た目の雰囲気など様々な種類がありましたね。
続く今回の記事では、もっと選択肢を広げてお気に入りの一台を見つけたい!という方のために、「コーヒーテーブル」という名前では呼ばれていないものの、コーヒーテーブルとして使えるアンティーク家具をご紹介したいと思います。今回ご紹介する中に、ピンとくるものがあるかもしれません。それでは早速見ていきましょう。

選択肢を広げる第一歩。「センターテーブル」「ローテーブル」もチェック

まず、改めてコーヒーテーブルとは何かを考えてみると、“ソファの前に置くテーブル”のことですよね。そうすると、たとえ「コーヒーテーブル」という名前で呼ばれていなくても、コーヒーテーブルとして使えるテーブルはたくさんあることに気づきます。

アンティーク センターテーブル

コーヒーテーブルのように、ソファと合わせて使われることが多いのが、「センターテーブル」や「ローテーブル」。目安として、高さが30~45cmほどのものは「センターテーブル」と呼ばれ、高さ30cm以下のものは「ローテーブル」と呼ばれることが多いです。しかし、コーヒーテーブルも合わせてこれら3つのテーブルの境界は曖昧。そのため、アンティークコーヒーテーブルをお探しの際には、この2つのキーワードもチェックすることで、より選択肢が広がりますよ。

センターテーブル アンティーク

コーヒーテーブルと同様に、センターテーブルやローテーブルにも様々なデザインがあります。幅の広いタイプや、足元に棚が付いているもの、天板がタイル製やガラス製のものなど、お好みのデザインを探してみてくださいね。また、背が低いローテーブルなら、和製アンティークの「座卓」や「文机」も合わせてチェックしてみるのがおすすめです。

アンティーク センターテーブル」の商品一覧はこちら
アンティーク ローテーブル」の商品一覧はこちら
アンティーク 座卓」の商品一覧はこちら

柔軟な使い方ができて便利。ネストテーブル

北欧 ネストテーブル

ネストテーブルとは、大・中・小と大きさの異なるテーブルが入れ子式のセットになっているテーブルのこと。必要な時に小さなテーブルを引き出して、様々なかたちで使うことができます。たとえば、普段は大きなテーブルの下に重ねることでスペースを節約しておいて、急な来客時にサッと広げたり、あるいは、ひとつはコーヒーテーブルとしてセンターに置き、もうひとつはサイドテーブルのようにソファ横に置くという配置もできます。また、それぞれを別のお部屋で使うというのも良いですね。このように、アイディア次第で柔軟な使い方ができるのがネストテーブルのうれしいポイントなんですよ。

ネストテーブル アンティーク

ネストテーブルにも様々な形があります。3つセットのタイプが一般的ですが、中には4~5個が入れ子になっているものもあるんですよ。正方形のものをはじめ、長方形+正方形のセットや、右下の画像のような凝った形も見つかります。

アンティーク ネストテーブル」の商品一覧はこちら

こだわりのデザイン性が魅力。ソーイングテーブル

ソーイングテーブル

その名の通り、裁縫をするための作業台として誕生したソーイングテーブル。その特徴は、天板下に引き出しなどの収納が取り付けられていることです。テーブル周りが散らかりがちな方でも、自然と片づけの習慣が身につきそうですよね。
そんなソーイングテーブルの中でもとくに人気なのが、ラタンなどでできたカゴが付いている北欧ビンテージのデザイン。見た目も可愛らしく、ナチュラルな雰囲気の空間づくりにもぴったりです。
ソーイングテーブルは、高さが60cm前後と高めのものが多く、また天板を広げられるようになっている機能的なものもあるので、テーブルで作業をする方におすすめですよ。

ソーイングテーブル 北欧

裁縫道具やたくさんの刺繍糸など、細かなものも整理して収納できるように、引き出しの中は細かく仕切られているものもあります。
また、カゴ付きのデザインの他にもシンプルな見た目のものもありますが、下の画像のように、ふたを開けてみるとおしゃれな装飾が施されているという場合もあるので、こだわりのコーヒーテーブルをお探しの方は、ぜひソーイングテーブルも隅々までチェックしてみてくださいね。

意外な選択肢?ちゃぶ台

アンティーク ちゃぶ台

最後にご紹介するのは、和のリビング“お茶の間”で使われていたアンティークのちゃぶ台。床座での使用を前提に作られていたため、高さは30cm前後と低めのものが揃っています。ローソファと合わせるとバランスが良いかもしれませんね。背が低い分、空間に圧迫感を与えず、すっきりと見せてくれるので、一人暮らしなどの狭いお部屋でも重宝します。さらに、コンパクトなサイズ感に加え、見た目も素朴なものが多いため、ソファの存在を引き立てるのにもぴったりなんですよ。お気に入りのソファを空間の主役として際立たせたい場合にも活躍してくれること間違いなしです。

ちゃぶ台 アンティーク

板間のお部屋だけでなく、畳のお部屋にも違和感なく合わせられるちゃぶ台。昔懐かしいレトロな雰囲気のリビングづくりを目指している方は、ぜひちゃぶ台も検討してみてはいかがでしょうか。

アンティーク ちゃぶ台」の商品一覧はこちら
アンティーク コーヒーテーブル」の商品一覧はこちら

最後に

コーヒーテーブルとして使えるアンティークテーブルをご紹介しました。いかがでしたか?
コーヒーテーブルは、ソファと合わせてお部屋の中心的な存在となることも多いですよね。ひとりでくつろぐ時間や、家族や友人と一緒に過ごす時間など、目に触れる機会も多いからこそ、とことんこだわってお気に入りのものを選んでみてくださいね。

RECOMMEND POSTS関連している記事

アンティークの専門用語集

アンティークの用語・歴史などをプロが解説

RAFUJU MAGの運営会社

国内最大級のアンティーク通販サイト「ラフジュ工房」では、日本、イギリス、フランス、北欧のアンティーク・ビンテージ家具や雑貨、人気の中古ブランド家具や民芸家具を販売しています。2017年11月23日に自社工房のある茨城県に実店舗をオープン!詳しくはサイトをご覧ください。

オンラインショップへ行く

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP