ゴミ箱 アンティーク アンティーク家具について

いったいどこにあるの?おしゃれなアンティークゴミ箱の見つけ方

ゴミ箱って素敵なデザインのものが少なく、探すのに一苦労ですよね。そんな時に「おしゃれなアンティークなら、いいゴミ箱が見つかるに違いない!」と思う方も多いのではないでしょうか。けれど実際に探してみるとアンティークのゴミ箱ってなかなか見つからないんですよね。実は「アンティークのゴミ箱」はそもそも流通量が少なく、めったに出会えない希少アイテムなんです。

それじゃあ、アンティークのゴミ箱はあきらめなきゃいけないの?
いえいえ、アンティークのゴミ箱を手に入れる方法は、ちゃんとあるんです!

今回のRAFUJU MAGではアンティークのゴミ箱の見つけ方と、そのデザインのバリエーション、そして使う際のちょっとしたコツをご紹介します。おしゃれなアンティークのゴミ箱が欲しいという方は必見ですよ。

アンティークのゴミ箱はなぜ見つからない?その理由とは

アンティークのゴミ箱を探してみると「アンティーク風」ばかり見つかり、本当のアンティークのゴミ箱はどうして見つからないのか不思議に思った方も多いかもしれません。

実はアンティークのゴミ箱は実用によるダメージが大きいせいで、ほとんど残っていないんです。まれにブリキのアンティークゴミ箱が扱われることがありますが、非常に希少。出会える可能性は非常に低いのです。

そこでおすすめしたいのが、ゴミを入れるのに勝手がよさそうなアンティーク雑貨をゴミ箱として利用すること。そうすればアンティークならではのおしゃれさを楽しめるゴミ箱が手に入りますよ。

ゴミ箱におすすめのアンティーク雑貨8選

では実際にどんなアンティーク雑貨がゴミ箱として使えそうか、おすすめのアイテムを8つご紹介しますね。大きさも形も様々なので、どこに置いて使うかイメージしながら目を通せば、しっくりくるアイテムがより定めやすくなるかと思います。それでは順番にチェックしていきましょう。

ゴミ箱の定番「ブリキ缶」

アンティーク ミルク缶

アンティークのゴミ箱の素材として実際によく使われているブリキを使った「ブリキ缶」は、ちょっと無骨な佇まいが素敵です。新品だとギラギラした表情が特徴ですが、アンティークだと色あせて柔らかな雰囲気。ほどよく空間を引き締めてくれるので、男性的な例えばインダストリアルなどのインテリアだけでなく、女性らしい白やパステルカラーを使ったお部屋にもよく合います。

とはいえアンティークのブリキ缶は小物しか入らないような小ぶりなものも多く、大きなサイズのアンティークゴミ箱を探している方には物足りないかもしれません。

そんな時におすすめなのがアンティークのミルク缶。傘も立てられそうな大き目サイズが主流で大容量。リビングなどゴミの量が多い場所でも快適に使えます。また取手が備わっているので、ゴミを集める際などに動かしやすいのも嬉しいですね。

豊富なデザインが魅力の「ホーロー缶」

アンティーク ホーロー

ホーロー缶は傷みにくい丈夫な作りが特徴。そのため長い年月を経たアンティークでも流通量が多く、選択肢が広いのが魅力です。デザインだけでなくサイズのバリエーションも豊富なので、用途に合わせて使いやすいゴミ箱を選びやすいのも嬉しいですね。

デザイン面ではポップな色味のものが多いという特徴があるので、ゴミ周りのちょっともやっとした雰囲気をぱっと明るくしてくれて、空間に清潔感をもたらしてくれる効果が期待できます。

ホーロー缶は魅力的な色使いやロゴ使いのものが多いので、ビジュアルが気に入ってひとめぼれすることもありますよね。けれど缶の中に傷みが見られれば、使い道が思い浮かばず、手を出しにくいこともあるのではないでしょうか。そんなホーローアイテムもゴミ箱としてなら、ディスプレイとしてだけでなく、実用的な雑貨としてお部屋で活躍させることができそうです。

手に入りやすい「バスケット」

アンティーク バスケット

ゴミ箱に向いているアンティーク雑貨として手に入りやすいのが、アンティークのバスケットです。アンティークのバスケットは頑丈なのが特徴。その丈夫さは100年以上前に作られたアンティークバスケットが、いいコンディションで残っていることからも伺えます。昔は生活に密着した日用品だったことから、ちょっとしたことで壊れたりしないよう、がっちりと作られたのでしょうね。

また当時の様々な生活シーンに合わせ、使い勝手を考えたデザインのバリエーションが多いのも特筆すべき点です。例えば写真のバスケットは、漁師さんが釣った魚を運ぶために使った「フィッシャーマンバスケット」というアイテム。中に入れた魚をできるだけいい状態で持ち帰ることができるように、通気性に考慮して編み目がざっくりしているのが特徴です。安定感のある置き心地がゴミ箱にぴったりですよね。

サイズやバリエーションが豊富なアンティークバスケットはゴミ箱として使いやすいアイテム。それと同時に「これはもともと何のために作られたバスケットなのかな。」と想像する楽しみも与えてくれます。

シンプルデザインが魅力の「バケツ」

アンティーク バケツ

大きさに余裕のあるシンプルなデザインのゴミ箱をお探しなら、アンティークのバケツを探してみるのがおすすめです。バケツと言うと現代では、たらいに取手がひとつ備わった形が主流ですが、アンティークのバケツはもっと定義が広範囲。流通量が多いこともあって、様々なデザインからお気に入りを探すことができます。

具体的なデザイン例としては、例えばいわゆる一般的なバケツに蓋が付いていたり、側面に対の持ち手が備わっていることも。他にも、たらいの形がじょうろを模していることもありますね。シンプルながらもさりげなく個性が香るアンティークのバケツ、ひとつ取り入れればインテリアがぐっとおしゃれになりそうです。

高級感添える「プランター」

アンティーク プランター

植物を育てる際に使われていたアンティークのプランターも、ゴミ箱として使いやすいサイズ感です。金属製で立体感あるエンボス加工の施されたものが多く、凝った細工が目を楽しませてくれます、こんな華やかなデザインのプランターはアンティークならではですよね。模様としてはウサギや綱模様、バラの花、ライオンなどが代表的。中には猫脚が備わっているものもあり、高級感を演出してくれます。

大きなプランターはリビングで、小ぶりなものは卓上などで使ってみてはいかがでしょう。重厚感ある印象なのでクラシカルや和モダンテイストなど落ち着きある空間によく似合いそうです。

ちょっとしたゴミ入れに活躍する「カルトン」

アンティーク トレー

カルトンって初めて聞いた名前だな、という方も多いかと思います。カルトンはフランス語でレジに置いてあるお金受けのこと。アンティークのカルトンは金属製で見栄えのするものが多いんです。これをインテリアに活かさない手はありません!形には深さがほとんどないトレー型と、たっぷりと深さがあるポット型がありますが、このポット型が小さめのゴミ箱として活躍してくれそうです。

少し小ぶりなので、デスクや机周りで使うといいかもしれません。例えば書斎などに取り入れればひと味違うこだわりの空間作りに活躍してくれますよ。

おしゃれさ満点の「炭入れ」

炭入れ 

アンティークの炭入れも、スタイリッシュなアンティークゴミ箱としておすすめしたいアイテムです。炭入れはコールボックスとも呼ばれ、その名の通り暖房などの燃料であった炭を入れるために使われた容器。素材は木製のものと真鍮などの金属製のものに分かれます。木製のものは家具のような佇まい。どっしりとした風貌が特徴です。一方ゴミ箱として特に注目したいのが真鍮などの金属製のタイプ。注ぎ口を備えた取手付きボールのようなフォルムで、クラシカルで高級感ある佇まいが素敵です。
また、テーブルに載る小ぶりなものから、ワインを何本も冷やせそうな大き目サイズまでサイズのバリエーションが豊富。用途に合わせて大きさを選ぶことができるのも魅力です。

アンティーク特有のおしゃれなデザインが光るアイテムなので、一見ゴミ箱には見えない、デザイン性の高い一品を探している方にぴったりです。

軽くて強い「リネンボックス」「ランドリーボックス」

アンティーク ロイドルーム

アンティークのリネンボックスやランドリーボックスは、もとは衣類などをしまうために作られた収納アイテムです。どれもふたが付いており、ゆったりとしたサイズなのが特徴。小さなアンティークゴミ箱ではもの足りないという方におすすめです。素材は何種類かありますが、中でもおすすめなのがロイドルーム素材のもの。ロイドルームはより合わせたワイヤーにクラフトテープを巻き付け織り上げた、非常に頑丈な素材です。強度にすぐれていることに加え耐水性も高く、さらに軽くて取扱いやすい、ゴミ箱としても優秀なアイテムなんですよ。

このアンティークのロイドルーム製リネンボックス・ランドリーボックスは四角い形が定番ですが、扇や豆のようなユニークな形も見受けられます。色味も緑や青、ピンクなど目を引く色合いが多いので、お部屋のアクセントとしても活躍してくれます。
そのかわいらしい風貌は子ども部屋などにもぴったりです。

アンティークのゴミ箱を快適に使うためのコツ

ゴミ箱 カバー

アンティークの雑貨類をゴミ箱に使うなんて、耐久性は大丈夫なのかな、なんて少し心配になってしまうかもしれませんね。見た目のコンディションをキープしできるだけ傷めたくないという方は、「水」を避けることをおすすめします。例えば本来ホーローやブリキは水に強い性質を持ちますが、経年変化で釉薬やメッキが剥げていると、そこから錆びる可能性があるんです。このような場合は紙ゴミなど、水気を含まないゴミを入れるに留めておくと安心です。

より味わい深くなった方がいいという方は、濡れる環境でどんどん使っても問題ありません。ただし長く一緒にいるためには、どの素材のアンティークゴミ箱も濡れた後はしっかりと乾燥させてあげてくださいね。

もう少し気楽に使いたいという方は、アンティーク雑貨をゴミ箱カバーとして使い、その中に新品のプラスチックやアルミ製のゴミ箱をセットして活用するのもおすすめです。こうすれば取扱いに気を付ける必要もなく、清潔さも保ちやすくなりますよ。

ゴミ箱に使えるものがあるかも。アンティーク雑貨をたくさんご紹介しています!
よければお役に立ててくださいね。

アンティーク 雑貨」の商品一覧はこちら

最後に

アンティークゴミ箱の探し方と、快適に使うコツをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
ゴミ箱はお部屋をおしゃれにしたいと思ったとき、どうしても気になるアイテムです。ゴミ箱をアンティークに変えれば、人と差が付くおしゃれな空間が演出できますよ。この記事がそんなアンティークゴミ箱選びの参考になれば嬉しいです。
アンティークのゴミ箱を取り入れて、細部までこだわった空間で過ごす幸せを、ぜひ満喫してくださいね。

RECOMMEND POSTS関連している記事

アンティークの専門用語集

アンティークの用語・歴史などをプロが解説

RAFUJU MAGの運営会社

国内最大級のアンティーク通販サイト「ラフジュ工房」では、日本、イギリス、フランス、北欧のアンティーク・ビンテージ家具や雑貨、人気の中古ブランド家具や民芸家具を販売しています。2017年11月23日に自社工房のある茨城県に実店舗をオープン!詳しくはサイトをご覧ください。

オンラインショップへ行く

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP