アンティーク 引き戸 アンティーク家具について

アンティーク引き戸選びはここから!購入前に知っておきたいこと

新築やリノベーションなどで、新しく家具を探しているという方の中には、建具にもこだわって、ぜひアンティークを使いたいという方も多いですよね。
特に最近人気の古民家風インテリアをはじめとする和風なテイストのお家づくりには、昔懐かしい雰囲気のアンティーク引き戸がぴったり。そんなわけで、アンティーク引き戸の購入を検討しているけれど、実際問題、アンティークの建具って普段の生活の中で不便なく使えるの?
そんな疑問をお持ちの方のために、今回のRAFUJU MAGでは、アンティーク引き戸を購入する前に知っておきたいポイントをお伝えします。
ぜひ記事を参考に、おしゃれで長く使えるアンティーク引き戸を見つけてくださいね。

まず押さえておきたい心構え。妥協せずに、良質なアンティーク引き戸を選ぶ

和風 建具

新築や大規模なリノベーションは、あらゆることに費用がかかり、建具ばかりに費用をかけていられないという方も多いですよね。しかし、これから先長い間使うことになるものですから、家具だけでなく建具だって、いえ、実用性がものを言う建具だからこそ、妥協することなく良質なものを選びたいところです。
当然ですが、アンティーク引き戸は長年使用されてきた古いもの。見た目の雰囲気も大事ですが、日々の暮らしの中で使うという目的であれば、現代の住宅でもきちんと使えるものでなければなりません。
建具は家具と比較しても、なかなか頻繁に買い替えられるものではないので、最初の段階で、長く使っていける良質なものを選んでおくのが吉ですよ。

必ずチェック!「ゆるみ」「がたつき」はない?

格子戸

現代の住宅でもきちんと使えるアンティーク引き戸を選ぶには、「ゆるみ」や「がたつき」がないかをしっかりと確認することが大切です。
作られてからある程度の時間が経っているアンティークの引き戸は、長年の使用のうちに「ゆるみ」が生じているものがほとんどです。お店で選ぶ際には、このゆるみがしっかり締め直されていることを確かめてくださいね。しっかりと締め直されていれば、がたつきの心配もありません。また、アフターメンテナンス制度があるお店であれば、購入後、使用していく中でゆるみが生じてしまっても、再び締め直してもらえるので安心です。

ラフジュ工房では、安心のアフターメンテナンス制度をご用意しています!
木製のアンティーク引き戸は、性質上、どうしてもいつかは「ゆるみ」や「隙間」などが生じてしまうもの。ずっと快適にお使いいただくために、購入後何年でも、困った際にはお気軽にご相談ください。
購入後1年間は無料修理受付!安心のアフターメンテナンス制度」のページはこちら

たくさんの選択肢から選びたい。どこを探せばお気に入りに出会える?

雑誌や街中のカフェなどで見かける、おしゃれなアンティーク引き戸。同じように素敵なデザインのものを見つけたくても、なかなか思い描いているものに出会えない…という方もいるのではないでしょうか。実際に建具を扱っているアンティークショップを巡り歩くだけでは限界がありますよね。選択肢を広げるための2つのポイントをご紹介します。

インターネット通販を賢く利用

アンティーク 通販

あちこちのアンティークショップを回ってみたけれど、結局お気に入りのアンティーク引き戸が見つからなかった…という経験をしたことはありませんか?
そんな時にぜひおすすめしたいのが、インターネット通販をのぞいてみること。実店舗で実際に見るよりも、はるかにたくさんの種類を一度に見比べることができるので、効率よくお気に入りの一枚を見つけることができます。

しかし、ネットショップは実物を直接見ることができないということが不安にもなりますよね。
お気に入りのデザインかつ、安心できる品質のアンティーク引き戸を購入するために、インターネット通販を利用する際には、①ひとつの商品に対して、色味やキズなどの状態がわかるように、なるべく多くの商品画像が掲載されていること、②しっかりとメンテナンスがおこなわれている旨の記載があること、③商品紹介文をはじめとするウェブ上の文面からも誠意が感じられること、などに注意しておきましょう。

少しでも不安がある場合には、電話やメールで問い合わせてみるのが、安心してお買い物をするためのポイントです。なお、問い合わせれば実物を見せてもらえることもあるので、一度確認してみるのもおすすめですよ。

「引き戸」だけでなく「ドア(開き戸)」も選択肢に入れてみる

ドアを引き戸に

アンティーク引き戸を探すコツとしてもうひとつ、「引き戸」だけでなく「ドア(開き戸)」にも目を向けてみるということがあります。追加で費用はかかってしまいますが、開き戸用の建具を引き戸仕様に変更することができる場合も多いため、選択肢が広がりますよ。
おもに昭和期ごろの和製アンティークの建具には、引き戸にしても素敵に使えそうなデザインのものがたくさんあります。
なかなかお気に入りの引き戸が見つからないという場合には、試してみてはいかがでしょうか。

最後に

アンティーク引き戸を購入する前に押さえておきたいことをまとめてみました。いかがでしたか?
ぜひ記事の内容を参考に、アンティーク引き戸選びを楽しんでくださいね。
次回は、アンティーク引き戸のお手入れ方法についてご紹介したいと思いますので、そちらもあわせて参考にしてみてください。

RECOMMEND POSTS関連している記事

アンティークの専門用語集

アンティークの用語・歴史などをプロが解説

RAFUJU MAGの運営会社

国内最大級のアンティーク通販サイト「ラフジュ工房」では、日本、イギリス、フランス、北欧のアンティーク・ビンテージ家具や雑貨、人気の中古ブランド家具や民芸家具を販売しています。2017年11月23日に自社工房のある茨城県に実店舗をオープン!詳しくはサイトをご覧ください。

オンラインショップへ行く

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP