アンティーク ワードローブ 購入 アンティーク家具について

押さえておきたい!アンティークワードローブ購入時のチェックリスト

日常にクラシカルな彩を。アンティークワードローブの国別デザイン」「使い勝手に違いあり。アンティークワードローブの注目ポイント」の2記事ではそれぞれデザインと使い勝手について詳しくご紹介しましたが、ではアンティークワードローブをいざ購入しよう、と思い立ったとして、どんなものを選びましょうか。
クラシカルな雰囲気が素敵なイギリスアンティークのワードローブ?
それとも使い勝手を重視して、吊り下げる収納と畳む収納ができる引き出し付きのタイプ?
空間を広く見せたいから、圧迫感を感じずに取り入れられる背が低めのもの?
好みやお部屋の作りによって、家具の選び方や決定打も十人十色ですよね。
今回はそんな“実際にアンティークワードローブを購入しようと考えている方”のために、価格の相場や家具を選ぶときのチェック項目など、購入時に役立つ情報をお届けしていきます。
値段を左右するポイントや家具の傷みがあった場合の対処法も紹介していきますので、アンティークワードローブが欲しいと思っている方は必見ですよ。

お気に入りのアンティークワードローブのお値段は?購入前に相場をチェック

とっておきのアンティークワードローブを見つけてさあ購入、となった際、一番に気になるのはやはり価格面。
出せる金額には限りがありますし、大体の目安は購入前に把握しておきたいですよね。
この章では以前の記事でご紹介した国別のデザインごとに、アンティークワードローブの価格帯を押さえておきましょう。

イギリスアンティークワードローブ

イギリスアンティーク ワードローブ 価格

相場は13万円台から24万円台です。
イギリスアンティークのワードローブの価格を左右するポイントは彫刻の凝り具合。施された彫刻の面積が広いほど、価格が高くなっていく傾向です。扉の全面に彫刻が施されたものは特に高価がつきます。

フランスアンティークワードローブ

フランスアンティーク ワードローブ 価格

21万円台から26万円台くらいが相場です。
同じ西洋アンティークでもイギリスアンティークのものより数が少ないため、全体的に少々値が張る傾向です。

北欧ビンテージワードローブ

北欧ビンテージ ワードローブ 価格

12万円台から19万円台のものが多く見られます。
北欧ビンテージのワードローブは、中の収納スペースが充実していることが価格を左右します。服をかけるポール以外にも棚や引き出しが備えられているものは高値が付きやすいですよ。

和製アンティークワードローブ

和製アンティーク ワードローブ 価格

大正時代以前のものは7万円台後半から25万円台。
昭和以降のものは7万円台が相場です。
大正時代以前の和製アンティークのワードローブは特注品が多かったため、価格にもばらつきが見られます。
価格を左右する要素のひとつが大きさで、平均的な大きさだと7~14万円程度のものが多いですが、特注の大きなものになるとぐっと価格が上がり25万円ほどで売られています。

民芸家具ワードローブ

民芸家具 ワードローブ 価格

11万円台から19万円台が相場です。
意匠が凝ったものは価格が高くなる傾向で、扉の彫刻が作り込まれているものだと20万円台のものが増えていきます。
また、めったに市場に出回らないレア品はぐっと高価になり、30万円以上の価格が付くことも。

アンティークワードローブ」の商品一覧へ

長く使えるアンティークワードローブを選ぶには?家具の状態をチェック

前章ではアンティークワードローブの価格のお話をしましたが、実際の購入に当たって他にも確認しておきたいポイントが。
ここではワードローブを選ぶときに気を付けたい、傷みや動作などのチェックポイントをいくつかご紹介します。

鏡の状態は?

アンティーク ワードローブ 鏡

鏡付きのアンティークワードローブを選ぶ際、確認しておきたいのは鏡の傷み。
古いものには経年劣化は付き物ですので、購入前にしっかり傷や欠け、割れなどがないかチェックしておきましょう。
鏡の表面がくすんでいたり黒い斑点が付着していることがありますが、これらは汚れではなく、多くの場合は鏡内部の劣化による変色が原因。その場合、掃除をしても取り除くことができないので注意が必要です。
どうしても気になる傷みがあった時は鏡を新しいものに交換するという方法もありますので、まずはお店に問い合わせてみることをおすすめします。

扉の動作はスムーズ?

アンティーク ワードローブ 扉

扉がスムーズに動くかどうかも購入前にしっかり確認しておきたいところです。扉は毎日開け閉めするものですから、ストレスなく使えるものがいいですよね。
この時、ついでに扉がきちんと閉まるかどうかもチェックしておきましょう。ワードローブの扉が経年により歪んでしまったせいで、きっちり閉まらない場合もあります。
ただし、扉が閉まりにくいアンティークワードローブでも、扉が勝手に開いてしまうのを防ぐ「キャッチ」という金具を付ける対処法もありますのでご安心を。不安を感じたら、お店にキャッチを取り付けてもらえるか相談してみるといいでしょう。

メンテナンスをしているお店での購入がおすすめ。購入するお店をチェック

アンティーク ワードローブ 店

アンティークワードローブを購入するにあたって、お店選びも重要なポイントのひとつ。
アンティーク家具を取り扱っている店舗は多くありますが、できるだけメンテナンスをしているお店で購入することをおすすめします。上記のポイントで気になる点があった時に相談しやすいですし、家具の構造にも詳しいので、細かい問い合わせにも丁寧に対応してくれますよ。
加えて、購入時だけでなく、使っていくうちに出てくる不具合の相談に乗ってくれるようなお店を選ぶようにすれば、なおのこと安心です。
長期使用を応援してくれるお店を見つけて、アンティークワードローブがある生活を思いっきり楽しんでくださいね。

ラフジュ工房は、アンティーク家具のメンテナンスを全力でバックアップします!

アンティーク家具 修理アンティーク家具のメンテナンス・リメイクは、ラフジュ工房にお任せあれ!
ラフジュ工房では、購入後1年間の無料修理制度に加え、アンティーク家具の様々なリペア・リメイクメニューをご用意しています。経験豊富な当店の職人が丁寧に対応いたしますので、ご安心ください。
他店で購入したアンティーク家具のリメイクメニューもございますので、「あれ?」っと思った際は、お気軽にお問合せくださいませ。

 

長く使えてうれしい!アンティーク家具リペア・リメイクメニュー」はこちら

最後に

デザインや使い勝手はもちろんですが、実際に購入するにあたって価格や家具の状態チェックも重要ですよね。アンティークワードローブの購入を検討する際に、「そういえばあんなことが書いてあったな」とふと思い出していただければ幸いです。
お手入れ方法やインテリアコーディネートのコツなど、アンティークワードローブをお家に迎え入れる前にチェックしたいポイントは他にもありますが、そちらはまた次の機会に。
家具は一生ものですので、色々な条件をじっくり吟味してお買い物を楽しんでくださいね。

RECOMMEND POSTS関連している記事

アンティークの専門用語集

アンティークの用語・歴史などをプロが解説

RAFUJU MAGの運営会社

国内最大級のアンティーク通販サイト「ラフジュ工房」では、日本、イギリス、フランス、北欧のアンティーク・ビンテージ家具や雑貨、人気の中古ブランド家具や民芸家具を販売しています。2017年11月23日に自社工房のある茨城県に実店舗をオープン!詳しくはサイトをご覧ください。

オンラインショップへ行く

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP