アンティーク ワードローブ メンテナンス アンティーク家具について

長持ちの秘訣は?アンティークワードローブの基本メンテナンス

押さえておきたい!アンティークワードローブ購入時のチェックリスト」の記事の中で、アンティークワードローブを選ぶ際にチェックしておきたい家具の状態のお話をしました。
しかしながら、きちんと状態を確認して吟味して購入したワードローブでも、毎日使っていれば次第にダメージが蓄積されていくもの。
せっかく選んでお家に迎え入れたアンティークワードローブですから、なるべく長く愛用していきたいですよね。
そのためにも、日々のお手入れはしっかりと覚えておきましょう。
この回では、毎日のお手入れ方法や困ったときの対処法など、アンティークワードローブを使っていく中で知っておきたい基本的なメンテナンス方法をご紹介していきます。
これからアンティークワードローブを購入しようと思っている方はもちろん、すでにアンティークワードローブを愛用している方も、ぜひ一度目を通してみてくださいね。

日頃のお手入れ

アンティーク ワードローブ 手入れ

とはいえ、何も特別なことを毎日やらなくてはいけないというわけでもありません。
普段のお手入れとしては、はたきや布などで軽くほこりを落とすだけで十分なので、気負いせずに毎日のお掃除のついでにささっと行ってあげてくださいね。
どうしても気になる汚れがある場合のみ、硬く絞った濡れふきんで水拭きをしましょう。この時のコツは、撫でるように優しい力加減で、水気が残らないように仕上げること。この2点を気を付けておかないと、家具の色落ちやシミが発生してしまうことがあるので要注意ですよ。

習慣づけたい換気

アンティーク ワードローブ 換気

拭き掃除に加えて日々の日課にしてほしいのが、晴れた日のワードローブの換気。
換気をすることで湿気を取り除くのはもちろんですが、石油ストーブやファンヒーターから出る燃焼ガスを外に追い出すことができますよ。これらのガスが原因で衣類が変色してしまうこともあるので、冬場は特に換気を忘れないように気を付けたいですね。

ついでに金具の点検も

アンティーク ワードローブ 金具

全体のお掃除のついでに、蝶つがいやキャッチ、取っ手などの金具部分もチェックしておきましょう。毎日使っているうちにネジが緩んできてしまうこともあるので、その都度締めなおしてあげてくださいね。
金具の汚れは、こまめにお掃除してあげるのがおすすめです。金具の汚れは錆の原因にもなりますので、早めに落としてしまうことに越したことはありません。取れにくい汚れは薄めた中性洗剤を付けて拭き取り、最後に乾拭きをしてあげるといいですよ。

ワードローブの動きが悪くなったときの対処法

毎日きちんとお手入れをしていても、何かの原因で扉や引き出しの動きが悪くなってしまう場合だってもちろん有り得ますよね。
いざという時に慌てないよう、ここではアンティークワードローブの簡単なメンテナンス方法を部位ごとに確認していきます。

扉の動きが悪くなったら

アンティーク ワードローブ 扉 メンテナンス

扉の開閉がスムーズに行えなくなったら、蝶つがいに潤滑油を注いであげましょう。
動きが悪くなったときはもちろんですが、半年に1度を目安にオイルメンテナンスをしてあげると、いつもスムーズな動きを保ってくれますよ。

引き出しが動かない原因は?

引き出しが動きにくくなった場合、原因は2つ。家具の変形か、湿気による引き出しの膨張が考えられます。
どちらが原因なのかはパッと見ただけでは判断しにくいので、両方を疑って対処していきます。

アンティーク ワードローブ 引き出し 原因

まずはワードローブが床と水平に置かれているか確認してみましょう。
傾いて設置されている場合は変形している可能性があるので、紙を挟み込むなどの調整を施します。こうすることで、時間の経過とともに変形が直っていきますよ。

アンティーク ワードローブ 引き出し すべり

次は湿気による膨張を疑って対処していきます。
引き出しの湿気対策としては、天気のいい日に風通しのいい場所で陰干しをしたり、ドライヤーの冷風を30cm以上離れた場所から当てる方法などが有名ですが、こちらよりも手軽で効果が高いのが、蝋や固形石鹸などといった潤滑剤を塗り込んであげること。
ホームセンターなどで購入できるシリコンスプレーは、吹きかけると表面に潤滑成分の被膜を作ってくれるため、こちらもおすすめですよ。
出し入れする際に擦れる全ての部分に潤滑剤を塗ってあげると、大方の引き出しは動くようになるはずですので、有事の際はぜひ試してくださいね。

最後に

アンティークワードローブのお手入れとメンテナンスの基本、いかがだったでしょうか。
自分の手でメンテナンスをして使い込んでいくことも、アンティーク家具と暮らす醍醐味のひとつ。手をかけた分だけ愛着もわくというものです。
“アンティーク家具のお手入れ”というとハードルが高いように感じますが、今回ご紹介したとおり、特別なことをしなくてもポイントさえ押さえておけば、十分日常で使っていくことが可能ですよ。
あまり神経質にはならずに、日々の生活の中で、あなただけのアンティークワードローブを仕上げていってくださいね。

RECOMMEND POSTS関連している記事

アンティークの専門用語集

アンティークの用語・歴史などをプロが解説

RAFUJU MAGの運営会社

国内最大級のアンティーク通販サイト「ラフジュ工房」では、日本、イギリス、フランス、北欧のアンティーク・ビンテージ家具や雑貨、人気の中古ブランド家具や民芸家具を販売しています。2017年11月23日に自社工房のある茨城県に実店舗をオープン!詳しくはサイトをご覧ください。

オンラインショップへ行く

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP