お買い物こちら

キーワード検索

アンティーク辞典アンティーク辞典

コムバックチェアとは

コムバックチェアとは、イギリス発祥の伝統的木製椅子「ウィンザーチェア」の一種で、最初に現れた形式です。尻形の窪みがある座板に挽物(旋盤加工)の脚や背棒を差し込む同椅子の特徴に加え、櫛形状の背もたれ「コムバック」を持つ固有の特徴を有します。
17世紀後半頃、同国の地方農家等に現れ、その優れた実用性や趣により世界に広まりました。

コムバックチェアのはじまり

「コムバック(櫛形背)」の名は、笠木(背上の横板)とその下に並ぶ背棒が、スペイン風の「櫛(コム)」に似ることから付けられたとされます。17世紀後半頃イギリスの庶民宅に現れた最初のウィンザーチェアで、18世紀半ばに登場した曲木背枠で強度を高めた「ボウバック(弓形背。フープバック)チェア」と共に、同椅子の基本形を成しました。

18世紀末にはボウバックに押され一時衰退しますが、19世紀前半に「スピンドルチェア(スピンドルバックウィンザー)」として復活。工業化にも対応し、多くの派生品が量産され、ウィンザーチェア最盛期の一翼を担いました。また、18世紀から続く分業生産や、頑丈で美しく座り心地や価格に優れた設計は、近代家具の製法や意匠に影響を与えます。20世紀後半以降は衰退しますが、簡素ながらも繊細優美な姿が今も世界で愛されています。

コムバックチェアの歴史

ウィンザーチェアの初期デザインとして登場

誕生 コムバックチェアは、17世紀後半頃イギリス中南部の農家等に現れた地方家具ウィンザーチェアの初期型として誕生します。農民や職人が手がけたそれは、主に3脚のアームチェア(肘掛型)で、半円の厚い座に背棒(スティック)と脚がつき、背の中途に前へ湾曲する腕を備えた、簡素ながらも後の発展や派生に繋がる基本構造を備えていました。

コムバックチェアとボウバックチェア

ちなみに、「ウィンザー」の名は、ロンドン西郊のウィンザー方面から市街へ輸入されたことにより付けられたとする説が有力で、脚と背が別という特徴がその定義にもなっています。その発生から暫くはコムバック型が使われ、18世紀半ばに曲木背枠で強度を高めた「ボウバックチェア」が登場し、その2種を基本として発展・派生することとなります。

18世紀前半から4脚のものが増え、旋盤加工が導入されます。世紀半ばには背棒が扇形に開くファンバック型のコムバックチェアがウィンザーチェアの主流となり、著名家具師チッペンデール風の優美なカブリオールレッグ(猫脚)やH形の貫(ぬき。補強横木)、背もたれ中央の背板(スプラット)も現れ、座も四角や台形に移行し円形も現れました。そして1720年代にはアメリカに伝わり、独自の発展が始まります。

一方、18世紀半ばには、ボウバックチェアが現れ、安さと丈夫さで人気を博し、同世紀末にはウィンザーチェアの主流となりました。そして、笠木が緩み易い弱点をもったコムバックチェアは、ボウバックの隆盛に押される形で18世紀末に一旦廃れることになります。

スピンドルチェアの登場

19世紀に入ると、膨らみある背棒が特徴の「スピンドルチェア」によりコムバックが復活。また、猫脚が衰え、生産性の良い手すり子形挽物による「バラスターレッグ」やH形貫が主流となり、18世紀末にボウバックで多用された牛角形(U字形)の曲木貫「カウホーン(クリノリン)」も一部用いられ始めました。

19世紀半ばには、背棒に輪や玉等の挽物装飾を加えたスピンドルチェアの完成版「ローマンスピンドル」が現れ、湾曲した角背棒を用いた頑丈で工業生産に適した「ラスバック」の大量生産も始まります。そしてそれらコムバックチェアは、人口増や用途拡大もあり当時主流のローバックチェア共々、ウィンザーチェアの最盛期到来を担うこととなりました。

アメリカン・ウィンザーチェアがはじまる

一方、アメリカでは18世紀前半にウィンザーチェアの生産が始まり、世紀後半には欧州に輸出するほどとなります。当初は英国製品の模倣から始まりましたが、次第に現地事情に合わせて発展し、ボウバックとの折衷型や、人気ロッキングチェア「ボストンロッカー」を生むなど、独自の「アメリカン・ウィンザーチェア」を形成しました。

北欧や日本での人気に支えられたウィンザーチェア

20世紀後半以降は他のウィンザーチェア同様、パイプ椅子等の普及によりコムバックチェアの需要も下がり始めました。しかし、実用性と工芸的価値を持つウィンザー家具は北欧や日本等で注目され、新たに意匠や製品を創造する「リデザイン」の動きを生みます。著名デザイナーによる優れた製品が数多く創作され、今に継承されました。

ウィンザーチェアは日本でも英国の「民芸椅子」を代表する存在へ

特に日本では、用の美を尊ぶ「民芸運動」と結びつき、多くの椅子が模造されます。それは品質や価格に優れ、海外へも輸出されました。コムバックチェアも人気を博し、輸出が衰えたあとも定番品として存続します。また本場英国や米国でも生産が続けられ、ウィンザーチェアを代表するようなその姿や使い易さ等により、今も世界で愛用されています。

コムバックチェアの特徴(種類・地域特徴・機能・装飾・各部形状・材料・仕上げ)

その種類には、先ずは肘掛があるアームチェア型や無いサイドチェア型があり、ファンバック、その一種で円形の座と座の張り出し(ダブテール)から笠木に伸びる2本の補助棒(ブレイシングスティック)や曲線肘柱をもつゴールドスミスチェアと補助棒のないキャプテンクックチェアのほか、スピンドルバック、ローマンスピンドル、ラスバック(スラットバック、ファームハウスウィンザー)、笠木が座幅より狭いバルーンバック、笠木が湾曲するショールバック、背が角形のロッドバック、長椅子のセティ、ロッキングチェア等があります。

生産国ごとの特徴

イギリスは脚の広がりが狭い、アメリカには竹を模した挽物によるバンブーターニングチェアや、背棒が一部平らなアローチェア等が存在する、等あります。

用途別の種類

ファンチェア(足踏扇風機付)、ライティングアームチェア(書記卓付)等があります。

彫刻等の装飾

主に背板に施され、初期は彫刻のないバイオリン形、その後、壺、花瓶、十字架、王冠形等が現れ、チッペンデール等の高級家具意匠を模した彫刻付も現れました。その模様にはモミ文、チッペンデール(紐文)、プリンスオブウェールズ(王室紋章)、ホイールバック(透彫のある車輪形)、ブラインドホイール(透彫のない車輪形)、フルールドリス(アヤメ文)等があります。

笠木(かさぎ/背もたれの上部の横木)

直線や曲線、波形、耳付き等があり、貫の形状にはH形や中棒2本のダブルH形、牛角形、X形、前後左右で囲う箱形等があり、脚の形状にはストラットレッグ(丸棒脚)、バラスターレッグ、猫脚等があります。

材料

ビーチ(ブナ)、アッシュ(タモ)、ユー(イチイ)、エルム(ニレ)等があり、アメリカではメープル、ヒッコリー、オーク(ナラ)、ポプラ、パイン等が使われます。
表面の仕上げには褐色やこげ茶色が多く、屋外用の古いものは緑、アメリカでは赤と黄や笠木に植物画が入るものもあり、その他では白木的なものもあります。

お買い物はこちら