お買い物こちら

キーワード検索

アンティーク辞典アンティーク辞典

コンソールチェストとは

コンソールチェストとは、丈が低く奥行が短い外観に、引き出しや飾り棚用の厚い天板を備えた西洋タンスです。16世紀頃から現れた、壁面の装飾や飾り棚として用いられる装飾卓「コンソールテーブル」の派生品とみられ、同様の華やかな意匠や置物が飾れる装飾性と収納としての実用性を兼ね備えた、瀟洒で便利なタンスとして世界に普及しました。

コンソールテーブルのはじまり

その起源は不明ですが、コンソールテーブルの用途や形態が確定しチェストに初めて引き出しが付いたバロック様式期(16世紀末-17世紀初)のイタリアか、バロック的宮廷家具が完成された17世紀後半のフランス・ルイ14世様式期が源流とみられます。そして18世紀半ばのフランス・ロココ様式期から、現在に伝わるものが現れ、一時流行もしました。
その後も室内装飾用の家具として各様式で製作され、近代以降は一般用に小型化・簡素化もされ、玄関や廊下等に趣を添える気軽で便利な収納兼飾り棚としても使われるようになりました。現代では比較的シンプルなもの、安価なものも作られるようになり、アンティーク品共々、部屋の装飾用に、あるいは収納用にと、自在に活用されています。

コンソールチェストの名称

「コンソール」とは、ブラケット(持ち送り、棚受け)を意味するフランス語で、フランスではその一語でもテーブル状態を指し、「チェスト」は英語で箱形の収納家具を意味します。よって、「コンソールチェスト」は、そのまま壁際に(棚的に)設置する収納付テーブルを意味しますが、その名称と形状に対する明確な定義付けはなされていません。

コンソールチェストとコモードの違いは?

そのため、同じく壁際装飾用のタンス「コモード」等の類似品と混同されることが多く、現行品ならメーカー次第、アンティークなら販売者次第で名付けられる傾向もみられます。字義的には、コンソールテーブルに引き出しが付いたものが該当しますが、2段以上の引き出しや厚めの収納部をもつものが、コンソールチェストと呼ばれる傾向があります。

コンソールチェストの歴史

コンソールチェストのルーツその1:コンソールテーブル

コンソールチェストの原形であるコンソールテーブルの起源は定かではありませんが、16世紀頃からフランス等で使われ始めたとされます。17世紀頃からはバロック運動の発祥地イタリアで、教会や権力者の権威演出に適した豪華な内装と、壁鏡と金のコンソールテーブルの組み合わせが考案され人気となります。それは昼の日射しや夜の灯りを明るくし、また権威を示す家具として過剰なまでの装飾が施されました。
17世紀半ばには、フランスのルイ14世がイタリアやフランドル等の家具先進地から人材を招き、豪華なバロック家具を製作。やがて、その技術や経験は、王権と国威を示すために始められたベルサイユ宮殿改築において、独自のコンソールテーブルを駆使した「鏡の間」などの誕生と、荘重厳格なフランスバロック様式の確立に結実しました。

コンソールチェストのルーツその2:チェスト

一方、もう一つの源流チェストは、元は横長の蓋付衣装箱で、「コファ(櫃)」と共に古代ギリシャの蓋付収納箱「キボトス」がその祖とされます。その後ゴシック様式期(12-15世紀)での框組(かまちぐみ)の採用等を経て、16世紀末にイタリアで引き出しが付いた「チェスト・オブ・ドロワー」が現れ、西洋各国に普及し、チェストの主流となります。

社交界の発展と共にコンソールチェストも流行

18世紀初期にルイ14世が亡くなると、これまでの儀礼的傾向から自由で寛いだ社交文化が発生。貴族達は私的な小部屋での集い「サロン」を楽しみ始め、そこで使われる家具も部屋や催しに応じて小型化され種類も増えました。コンソールテーブルも小型化し、繊細な曲線脚(カブリオレ、カブリオール。猫脚)を備えます。

ロココ様式のコンソールチェスト

1723年にルイ15世の親政が始まると更に寛ぎ志向が強まり、サロン家具もそれに適う軽快華麗なロココ様式で作られるようになります。コンソールテーブルも曲線主体の優雅な形態や装飾が追求され、膝への貝や葉の彫刻等の代表的イメージが完成されます。そして、18世紀半ばに引き出しを持つコンソールチェストが現れ、短期間ながら流行しました。

新古典主義とコンソールチェスト

18世紀後半のルイ16世期には、直線的意匠が特徴の新古典主義様式がフランスで流行。コンソールチェストもそうした意匠や円柱脚等を用いた合理的かつ洗練されたものとなり、新たに西洋各国に影響を与えます。

近代のコンソールチェスト

そして、19世紀には折衷主義や復古様式等による多様化が進行。20世紀以降は鏡や窓間から独立した純粋な装飾・収納として様々な形や素材のものが作られ、一般家屋や店舗等にも普及するなど、広く世界で愛用されるようになりました。

コンソールチェストの特徴(代表形態・構造・形状・様式・装飾・模様・材料・仕上げ)

コンソールテーブルと同じく、その豪華さをもって西洋の宮殿や邸宅を飾ったコンソールチェスト。地域や時代毎に様々なものが作られ、その形状・意匠は無数に存在します。

代表的形態

その代表的形態は、コンソールテーブル同様大理石の天板に優美な曲線脚が付き、加えてその内側に収納が設けられ、曲線を多用した外観に彫刻や金貼りのブロンズ細工等が施される豪華なものです。4脚のものはそのまま、2脚等の自立しないものは壁面に固定され、鏡と対か、または単独で窓間の壁に設置されます。構造的な違いは、主に3脚や4脚式等で自立するものと、1脚や2脚式等で壁へ固定するものがあり、その他、脚の間に棚が付くものもあり、

天板形状

天板形状には、長方形、半円形、楕円形、台形のほか、それらをバロック的波形に変形させたものなどがあります。

脚の形状

脚の形状には、円柱、角柱、猫脚、円錐、角錐形等があり、猫脚の脚先形状には、中国の龍を模したとされる「ボール・アンド・クロー(玉を掴む爪)」や獣の足を模した「パッドフット(肉趾足)」に、渦巻や先細り形、ゴルフクラブ状(クラブフット)等の抽象化・様式化されたものがあります。

意匠の様式

また意匠の様式には、ロココ、新古典主義、アンピール(帝政)、折衷主義、復古、その他現代様式等があります。彫刻等の装飾は、前後左右の板や幕板、脚等に施され、それらにはルネサンスやバロック様式の影響による古代ギリシャやローマ由来のものが多く、模様も同じく、貝殻、アカンサスの葉、花、唐草、渦巻、幾何学模様、東洋風景等があります。

彫刻以外の装飾

彫刻以外の装飾には、寄木細工(マルケトリー)や象嵌(インレイ)、板貼り(ベニアリング)、金箔貼り(ギルディング)、着色、漆塗りや蒔絵等があり、脚の装飾彫刻には、挽物装飾(ロクロ細工)や、猫脚の膝への貝殻やアカンサスの葉等があります。

材料

そして、材料には、大理石、青銅、真鍮、オーク(ナラ)、ウォールナット(クルミ)、マホガニー、サテンウッド等があり、表面の仕上げには、金箔貼りや着色のほか、塗料隠蔽のない艶出し加工等があります。

お買い物はこちら