お買い物こちら

キーワード検索

アンティーク辞典アンティーク辞典

伊万里焼・有田焼とは

伊万里焼(いまりやき)は、九州北西の佐賀県有田町周辺で17世紀から作られている磁器の総称で、日本最古の産地でもあります。
隣接する長崎県の三川内焼(みかわちやき)や波佐見焼(はさみやき)なども含み、別に有田焼(ありたやき)とも呼ばれます。
今回は、伊万里焼・有田焼の歴史を軸に、日本初の磁器や色絵の成り立ちについてご紹介して行きます。

酒井田柿右衛門がつくりあげた、国産第一号の色絵磁器「伊万里焼き」

伊万里焼

伊万里焼の発祥地、九州肥前地方の有田は、江戸時代には佐賀藩(鍋島藩)領でした。
16世紀末の朝鮮出兵時、藩祖・鍋島直茂は、多くの朝鮮人陶工を伴い帰国します。
日本で作陶を担うこととなった陶工たちは、有田の山々を探索し、有田川上流の泉山(いずみやま)で磁器原料の磁石を発見しました。この17世紀初頭の出来事が、伊万里焼のはじまりとされ、発見者の李参平(り・さんぺい)は、のちに伊万里焼・有田焼の陶祖とされます。

磁器の発祥は中国。日本の磁器も中国をお手本に

色絵

「色絵」技法によって絵付けされた八寸皿。色とりどりの絵柄が華やかな印象。

磁器は中国が発祥で、古くから日本にも輸入されるようになります。
伊万里焼開始以前は、日本には色絵技法はおろか磁器すらなかったこともあり、それらは中国から輸入されていました。

しかし、その中国では17世紀初期から北方民族国家・清の進攻に伴う戦乱と王朝交代があり、景徳鎮窯(けいとくちんよう)や漳州窯(しょうしゅうよう)等の磁器産地が一時衰退します。
その結果、日本への中国磁器の輸入が途絶え、その需要に応えるべく有田が磁器生産を増大させ、国内の磁器市場を独占することとなりました。

そして、その基となる磁器技術に中国の色絵技術を組み合わせ、現在に続く伊万里焼の原型が完成します。その色絵の技法を最初に成功させたのが、初代・酒井田柿右衛門でした。

古伊万里のはじまり

古伊万里が初めて作られたきっかけは、鍋島直茂が朝鮮人陶工による領内での作陶を試みたことです。
特に陶工の一人、李参平が有田の泉山で磁器原料の磁石を発見したことが直接のはじまりとなりました。

蓋茶碗

景徳鎮の陶磁器を模した江戸期の蓋茶碗

そして、李や他の朝鮮人陶工たちにより、日本で初めて磁器が焼かれたとみられ、彼らの指導・協力の下に、日本人陶工も磁器に関わる高度な技術を習得したとみられます。更には、当時人気があり高い品質を誇った中国景徳鎮磁器の技術習得が図られ、唐人からの色絵技法習得に成功しました。
その技術を使い、酒井田柿右衛門が日本で初めて色絵磁器の焼成に成功します。正保4(1647)年には、それが加賀藩に買い上げられたとの記録があり、色絵古伊万里の歴史はここから始まりました。

「色絵」を使った伊万里焼の誕生

1640年から1650年にかけての伊万里焼は、当初主流だった朝鮮式の技術から中国式の技術への転換が起こりました。多くの技法が刷新されていくなかで、色絵の技法が中国人陶工より伝えられ、伊万里焼の磁器は大きく変化していきます。
その中国から伝わった技法で焼かれた磁器の色絵は2種に大別されます。

五彩手

輪郭の色や使われる色の面積によって器の印象ががらっと変化します。

一つは、染付で文様を入れた素地に赤線の輪郭を入れ、明るい色調の赤・緑・黄の色を注した「南京手(なんきんで)」と「祥瑞手(しょんずいで)」。
もう一つは、黒線で文様の輪郭をひき、濃い色調の赤・緑・青・紫・黄の色を注す、「五彩手(ごさいで)」です。
この二つの色絵技術は、景徳鎮から入ってきた技術とされます。

オールド・イマリとして今もなお愛されるきっかけとなった、伊万里焼の海外進出

古伊万里の歴史の中で最も変化したのが17世紀末から18世紀初頭の時期で、伊万里焼の色絵に金襴手(きんらんで)という新たな技法が登場します。
金襴手は、中国明代に特に盛行した色絵の一種。赤絵や色絵に加えた金彩文様が金襴織物のように見えることからその名が付きました。
この金襴手の古伊万里はヨーロッパで大きな人気を博し、多くの伊万里焼が海を渡って海外へと輸出されていきました。
有田焼 色絵
古伊万里は内外の王侯貴族たちに愛され大切に扱われます。
当時の古伊万里には満開の桜やしだれた藤の花、花見の宴に張られた幔幕(まんまく)前で扇片手に遊興する姿などが描かれました。
それを見た世界の人々は、日本の面影をどれほど想ったでしょうか。
ヨーロッパでは今なお、それらオールド・イマリの熱烈な愛好家が存在しています。

中国陶磁の代用品を超えた品質で、世界に認められる磁器に

有田焼は、国内の事情と中国の情勢によって大きく変化し、また発展しました。
一時は、燃料薪の過剰伐採を危惧した佐賀藩に窯を閉鎖され規模の縮小も余儀なくされます。しかし、その後起きた中国での争乱をきっかけにした需要増で、再び息を吹き返しました。
やがて、技術革新を行いながら生産を増大させ、国内の磁器市場を独占する結果となります。
更に、中東やヨーロッパ等の海外への輸出も行なわれるようになりました。
古伊万里 皿
今なお世界各地に残るそれらの作品は、中国陶磁の代用にとどまらない、有田磁器の技術の高さや意匠の素晴らしさを見せてくれます。
欧州に向けて作られた絢爛豪華なものから、日々の生活を支える雑器まで、様々な器を産出した伊万里焼には、多種多様な意匠の器が残されています。

世界で愛され続ける伊万里

伊万里焼 深鉢

伊万里焼は日本を代表する国産最古の磁器だけに、その歴史には多くの物語が秘められます。
そして、その物語を紡いだ陶工たちの努力と工夫により伊万里焼は成り立ち、長く受け継がれてきました。
また、鍋島直茂による試みと保護がなければ、伊万里焼自体存在しなかったかもしれません。それら、先人の想いや行ないを想わずにはいられません。

今なお日本の内外に多くの伊万里焼ファンが存在し、また実生活でも愛用され楽しまれていることが、その素晴らしさを物語ります。白地に赤・青・緑・紫の色遣いで描かれる絢爛な色絵には、心奪われるばかり。
これからも、この伊万里焼・有田焼の伝統が、末永く続き、愛されることを願わずにはいられません。

有田焼と伊万里焼、古伊万里と伊万里。よく言われるこれらの違いって?

有田焼と伊万里焼

伊万里焼の名は、有田の磁器が伊万里港から出荷されたことにより広まったとされます。
現在では有田地区で焼かれたものを有田焼、伊万里地区で焼かれたものを伊万里焼と呼び、それは船から鉄道へと輸送が変わったあとに区別されるようになったといいます。
しかし、肥前地方で焼かれた磁器を総称して伊万里焼、または肥前磁器とも呼ぶこともあります。

古伊万里と伊万里

古伊万里(初期伊万里)と伊万里の違いは、江戸期を通して肥前地方で作られた磁器を古伊万里、明治以降同地域で新たな技術を加えながら作られた磁器を伊万里と呼ぶことにあります。
古伊万里・伊万里共に、時代毎の味わいがあり、愛好家を楽しませています。

お買い物はこちら