お買い物こちら

キーワード検索

アンティーク辞典アンティーク辞典

セティとは

セティ(セッティ)とは、2人以上が座ることができ、背もたれや肘掛、クッション張りの座等がある長椅子です。「布張長椅子」とも訳され、現代ではソファと同義的となっていますが、比較的張り包みが少なく、小型のものを指す傾向があります。中世の長椅子が起源とされ、17世紀後半から18世紀前半にかけて西洋で普及し、その後世界に広まりました。

セティの特徴

「セティ」の定義はあいまい

「セティ」の名は中世西洋で使われた高い背を持つ板張りの長椅子「セトル」から派生したとされ、18世紀初期頃から使われ始めたとされます。本来は張り包みのない木製長椅子を指したとされ、のちにソファ、カナペ、カウチ、デイベッド等との形状的違いが曖昧化して混同されるようになり、現代では比較的イギリスでよく使われる名称となりました。

セティのデザインは様々

セティの形態は多様ですが、基本的なものは木製の枠や柱等で構成された背や肘・脚を持ち、座等にクッションがあるもので、また別に、フランスのロココ様式に基づく優美な曲線形態に華やかな布張りがある背や座を持つソファやカナペ同様のものもあります。それらは、小部屋での使用や余興のための移動に備え、比較的小型・軽量に作られています。

セティは、他の安楽長椅子同様、華やかで先進的なフランスのルイ王朝下に生まれたとみられ、その対外交流により西洋各国に普及し、19世紀以後の中流階級の成長や英国での発達を経て世界に広まりました。現在では、その安楽性やデザイン性の高さ、取り回し等に優れた高い実用性により、世界中の様々な場所や場面で幅広く活用されています。

セティの歴史

セティのはじまり

セティが登場した正確な年代は不明ですが、その名や用途等から中世西洋(5-15世紀)で広く使われていた「セトル(背高長椅子)」が発展したものと考えられています。それは高い背をもつ板張りの長椅子で、座の下に収納があるものもあり、天蓋が付いたものは「カナペ」の源となりました。
一方、カウチやソファ、デイベッド等は、古代ギリシャの「クリーネ」や同ローマの「レクタス」という寝椅子が起源とされます。そして、ルネサンス文化が盛りの16世紀のイタリアでは、櫃に背や肘を付けて豪華な彫刻を施す「カッサパンカ(蓋付長腰掛)」が現れ、ソファの原形を成しました。

17世紀、絶対王政により国力を増したフランスは、西洋文化の中心地となり華麗な宮廷文化が花開き、家具も発達します。セティも2人掛で高い背とクッションを備えた「ラブシート」として世紀後半に登場し、ソファは布張りのトルコ風ベンチに対して1680年頃に名が使われ、デイベッドは17世紀初期、カナペも同じ頃現れその後天蓋が廃されました。
これらの登場には本格的な椅子張り技術の出現や快適な生活への志向が影響したとされます。そして対外交流により西洋各国にも伝わり、椅子とスツール(背無椅子)のセットを補うものとして、一対のセティやソファが使われるようになりました。

フランスのサロン文化とセティ

1715年にフランスで摂政体制が始まると、これまでの権威的・儀礼的傾向から自由で寛いだ社交文化が起こります。貴族達は私的な小部屋での集い「サロン」を楽しみ始め、そこで使われる家具も部屋の規模や催しに応じて小型化され種類も増えました。セティ等の安楽長椅子も同様の特徴や曲線脚(カブリオレ。猫脚)等を備え始めます。
1723年にルイ15世が成人すると更に寛ぎ志向が強まり、サロンの内装や家具もそれに適う軽快華麗なロココ様式で作られるようになりました。家具も曲線主体の特徴が完備され、意匠と快適性の調和が完成。セティ等も優雅な形態や装飾、快適性が追求され、今に知られるイメージの一つが完成されると共に、形態や名称の区別が曖昧化します。トルコ風セティ「オットマン」もこの時代に登場。そして、1774年にルイ16世の治世が始まる頃には、直線的な意匠を特徴とする新古典主義の時代となり、セティ等にも影響します。
家具先進国フランスの新様式は、ロココ同様、各国に伝わりますが、89年に革命で王朝が崩壊すると、同国のサロン文化も一旦終焉を迎えることとなりました。

イギリスにおけるセティ

一方イギリスでは、17世紀後半にフランスの影響による簡素なデイベッドとラブシート型セティが登場。18世紀には海外進出や産業革命により富裕層が増え、サロン文化が隆盛し家具や内装が発達しました。家具師チッペンデールによるロココや建築家アダムによる新古典主義風等の良質なセティやソファが作られ、各国に影響するようになります。また、世紀後半には簡素な地方家具ウィンザーチェアのセティも作られます。

19世紀後半のビクトリア様式期には中流階級の成長でサロン文化が庶民に広がり、セティ等が世界に広がる契機となりました。肘掛椅子や小椅子とのセットが一般化し、サロン文化が復活したフランスにも影響を与えます。クッションへのスプリングやボタン締めの使用、脚の房飾り(フリンジ)が流行し、それらを用いた書斎等用の「チェスターフィールドセティ」や大型豪華な「カンバセーションセティ(巴形3人掛)」も流行しました。

アンティークデザインとしての現代のセティ

20世紀以降は、古い時代の復刻や様々な様式を折衷したもの、また新しい素材や技術、意匠を採用したセティが作られます。そして現代では、接客や私用の区別なく、様々な場所・場面で幅広く用いられるようになりました。

セティの特徴(形状・様式・装飾・模様・材料)

華やかな宮廷文化やサロン文化に育まれてきたセティ。人々にもてなしや寛ぎの場を提供してきたほか、軽快華麗なその姿は部屋を彩るインテリアとしての役割も果たしました。

基本的形状

その基本的形状は、脚と座の土台に背と肘掛が付くもので、クッションは座のみか背と肘にも付くもの、脚以外を全て包むもの等があります。背の形状には背枠が人数分付くものや一体化したもの、優雅な曲線を描くもの、楕円のもの等があります。

脚の形状

脚の形状には円柱、角柱、猫脚、獣脚、挽物装飾付等があり、キャスターが付く場合や、背の数に合わせて多脚になる場合もあります。意匠の様式にはロココ、クイーンアン、チッペンデール、アダム、新古典主義、折衷主義、復古、アールヌーボー、アールデコ、その他現代様式等があります。

彫刻装飾

彫刻装飾は脚や座、背等に施され、それらにはルネサンスやバロック様式の影響による古代ギリシャやローマ由来のものが多く、模様も同じく、貝、アカンサスの葉、ロゼット(花紋)、唐草、渦巻、幾何学模様等があります。

彫刻以外の装飾

また彫刻以外の装飾には寄木細工(マルケトリー)や象嵌(インレイ)、板貼り(ベニアリング)、金箔貼り(ギルディング)、漆塗り、着色等があります。

材料

材料にはウォールナット、ブナ、ローズウッド(紫檀)、マホガニー、オーク(ナラ)、竹等のほか、クッション用の織物や皮革、籐、藁、羽毛等があります。

お買い物はこちら