お買い物こちら

キーワード検索

アンティーク辞典アンティーク辞典

ウィンザーチェアとは

ウィンザーチェアとはイギリスで考案され18世紀から同国やアメリカで流行し世界に広まった椅子です。元は庶民が用いた地方家具でしたが、使い易く堅牢なため、公共施設や上流階級でも使われるようになりました。尻形の窪みがある座板に挽物(旋盤加工)の脚や背棒を差し込む構造が特徴で、素朴な美しさや実用性により今も世界で愛されています。

ウィンザーチェアの特徴とは?

その名はロンドン西郊のウィンザー方面から市街へ輸入されたことにちなむとする説が有力で、脚と背が別材という特徴がその定義にもなっています。
17世紀後期に背棒上に笠木(横背板)が付く初期型の「コムバック(櫛形背)」、18世紀半ばに曲木背枠で強度を高めた「ボウバック(弓形背。フープバック)」が登場し、それらを基本に発展しました。

ウィンザーチェアは英国の「民芸椅子」

通常とは逆に地方・庶民から中央・上流へ広まった稀有な家具で、その背景には英国の合理的国民性や産業革命による庶民生活の向上・経済発展がありました。分業制を導入し、簡素・頑丈で美しく、座り心地や価格にも優れ、近代家具の製法や意匠にも影響。主役的地位を譲った現代でも、趣と実用性を備えた民芸家具として根強い人気を保っています。

ウィンザーチェアの歴史

コムバックの誕生

ウィンザーチェアはイギリス各地の挽物師や農民等が手がけた地方家具に影響され誕生したとされます。16世紀の「スツールウィズバック」が構造的な祖、17世紀の「ダービーシャーチェア」が意匠的な祖とされ、17世紀後半頃に中南部の農家等で半円の座に背棒(スティック)と脚が付く簡素なコムバックが使われ始めたとみられます。それは主に3脚のアームチェア(肘掛型)で、背棒のみで背板(スプラット)がなく「スティックバックウィンザー」とも呼ばれました。
その後、背の中央に簡素なバイオリン形の背板を入れた「フィドルバック」が出現。なお、18世紀後半に国王が著名家具師チッペンデールに作らせ名が広まったとの伝承は、より古い史料の存在により否定されています。

ウィンザーチェアの主流「コムバック」

18世紀半ばには、背棒が扇形に開く「ファンバック」型のコムバックがウィンザーチェアの主流となりました。
またチッペンデール風の優美なカブリオールレッグ(S字脚、猫脚)やH形の貫(ぬき。補強横木)が現れ、座も四角や台形に移行し円形も現れます。そして、1720年代にはアメリカに伝わり、独自の発展が始まりました。

安さと丈夫さの「ボウバック」

一方、18世紀半ばにはボウバックが現れ、安さと丈夫さにより広範に普及し、世紀末には主流に。なかでも車輪形の透彫がある背板付の「ホイールバック」が人気を博し主流化します。
また、曲木による牛角形(U字形)の貫「カウホーン(クリノリン)」が多用され、中世様式的な教会窓やドーム曲線を背に採用した「ゴシックスタイル」も登場しました。

ウィンザーチェアの人気シリーズが続々と登場

19世紀には猫脚と牛角貫が衰え、生産性の良い手すり子形挽物による「バラスターレッグ」やH形貫が主流に。2本の背柱に横背板が入る「スクロールバック」や平らな笠木とX形の背棒がある「タブレットトップ」等の、新型ウィンザーチェアも登場します。また膨らみある背棒が特徴の「スピンドルバック」によりコムバックが復活しました。

世紀半ばには前者に輪等の装飾を加えた「ローマンスピンドル」が登場し、湾曲した角背棒を用いた頑丈で工業生産に適した「ラスバック」の量産も始まります。背が低いローバックチェアの一種「スモーカーズボウ」や子供用の「ハイチェア」、3本脚のスツール(背無し)にロッキングチェア等が人気を博し、人口増や用途拡大もあり最盛期を迎えました。

ウィンザーチェアのデザインはアンティークとして今もなお愛され続ける存在へ

やがて盛況は価格競争と品質低下を生み、ウィンザーチェアの衰退を招きます。生産比率は下がり、20世紀後半にはパイプ椅子に主役を奪われてしまいます。しかし生き残った企業が近代化に努力し、またその伝統を基に新たな家具作りを目指す動きも近年現れました。元より剛健優美なその魅力は色褪せず、世界で愛され続けています。

ウィンザーチェアの特徴(種類・地域特徴・機能・装飾・各部形状・材料・仕上げ)

コムバック系

その種類にはコムバック系ではファンバック、その一種で円形の座と座の張出し(ダブテール)から笠木に伸びる2本の補助棒(ブレイシングスティック)や曲線肘柱をもつゴールドスミスチェアと補助棒のないキャプテンクックチェアのほか、スピンドルバック、ラスバック、笠木が座幅より狭いバルーンバック、笠木が湾曲するショールバック、ロッドバック(角背)、セティ(長椅子)、ロッキングチェア等があります。

ボウバック系

曲木の肘掛があるアームチェア型のダブルボウバック(米名サックバック)やそれが無いサイドチェア型か付足しの肘掛があるシングルバックがあり、ホイールバック、ゴシックスタイル、ゴシック的ドーム曲線背棒をもつインターレースボウ、3枚背板のトリプルスプラット、セティ、ロッキングチェア等があります。

スクロールバック系

タブレットトップ、片肘掛のワンアームメスチェア等、ローバック系では背と肘がU字棒で水平一体化されたスモーカーズボウ、前者の肘が短く貫が箱形組のファイヤーハウスウィンザー、同じく肘先が湾曲し座と接するキャプテンズチェア、同じく背がロココ的に盛り上がるバージェーボウがあり、脚が長く足置や転落防止木を備えた子供用のハイチェアやポティチェア(おまる椅子)、猫脚や牛角貫等を用いた3本脚スツール等もあります。

生産国ごとのデザインの特徴

サフォークは角背枠に横木で挟まれた棒と板が入るメンデルシャムチェアがある、米国は脚の広がりが大きく、背と肘を曲木一本で結んだコンティニュアスアームチェアやロッキングのボストンロッカーが著名で、竹を模した挽物によるバンブーターニングチェアや背棒が一部平らなアローチェアが存在する等があります。

用途別チェア

車椅子、回転椅子、クレードル(揺籠)、ファンチェア(足踏扇風機付)、ライティングアームチェア(書記卓付)等があります。

彫刻等の装飾

主に背板に施され、初期は彫刻のないバイオリン形、その後壺、花瓶、十字架、王冠形等が現れ、チッペンデール等の高級家具意匠を模した彫刻付も現れました。
その模様にはモミ文、チッペンデール(紐文)、プリンスオブウェールズ(王室紋章)、ホイールバック、ブラインドホイール(透彫無し)、フルールドリス(アヤメ文)等があります。笠木の形状には直線や曲線、波形、耳付等があります。

貫の形状

H形や中棒2本のダブルH、牛角、X、前後左右で囲う箱形等があり、脚の形状にはストラットレッグ(丸棒脚)、バラスターレッグ、猫脚等があります。

材料

ビーチ(ブナ)、アッシュ(タモ)、ユー(イチイ)、エルム(ニレ)等があり、米国ではメープル、ヒッコリー、オーク(ナラ)、ポプラ、パイン等が使われ、表面の仕上げには褐色やこげ茶が多く、屋外用の古いものは緑、米国では赤と黄や、笠木に植物画が入るものもあります。

お買い物はこちら