大正ロマン 和洋折衷 インテリア アンティーク家具について

和洋折衷な大正ロマン風インテリア!叶えるための5つのポイント

洋風のインテリアも和風のインテリアも、どちらのよさも知っている現代の私達。お家のインテリアを決めようとすると、どっちのテイストにしようか選び難いものですよね。
そんな中で人気が高まっているのが、和と洋の要素が絶妙に融合した「和洋折衷」なインテリア。特に古きよき日本と西洋の空気感じさせる「大正ロマン」風のコーディネートは、独特の色気やノスタルジックさが注目を集めています。
けれど憧れはありつつも、ああいうインテリアは洋館やカフェだからこそできるもので、自宅で再現するなんて難しいのではないかとお考えの方も多いのでは。
いえいえ!ちゃんとポイントを押さえてコーディネートしていけば、あの雰囲気を再現するのは決して難しいことではありませんよ。

そこで今回のRAFUJU MAGでは和室でも洋室でも役に立つ、和洋折衷の大正ロマン風インテリアを実現するための5つのポイントをご紹介します。最後にコーディネート例も載せていますので、お部屋作りのポイントがよりつかみやすいかと思います。
和洋折衷なインテリアに興味があるという方はぜひ目を通してみてくださいね。

和洋折衷なインテリア作りのポイントは5つ

和洋折衷な大正ロマン風のインテリアを実現しようと思ったら、全ての家具を買い替えなければいけないのかな、なんて不安になってしまうかもしれませんね。けれどポイントを押さえてあげれば、お部屋の中を総取り替えしなくても、大正ロマン風の雰囲気を演出することは十分に可能です。ここでは和洋折衷なインテリア作りの際に知っておきたい5つのポイントをご紹介します。
どれか気になるものを取り入れるだけでも大丈夫。無理のない範囲から憧れの実現に向けて取り組んでいきましょう!

和洋折衷なデザインの家具を取り入れる

アンティーク ワードローブアンティーク ソファ

和洋折衷なインテリア作りの1つ目のポイントは、和洋折衷なデザインの家具を取り入れることです。例えば明治から昭和初期頃に作られた家具の中には、洋と和の雰囲気が合わさったその名も「大正ロマン」デザインのクラシカルな家具が多く作られました。ベースはエレガントな洋家具なのですが、どことなく和製独特の素朴な雰囲気を感じさせ、まさに家具ひとつの中に和と洋のムードを兼ね備えています。こういった家具を取り入れると、ぐっとお部屋が和洋折衷な雰囲気に変身しますよ。

民芸家具 テーブル

他にも和洋折衷な雰囲気がある家具としては「民芸家具」があります。洋家具のデザインを日本に持ち込み国内の風土に合わせてアレンジした民芸家具は、大正ロマン風のインテリア作りにもぴったりです。

大正ロマンなアンティーク家具」の商品一覧はこちら
民芸家具」の商品一覧はこちら

重厚な印象の家具を取り入れる

イギリス アンティーク家具アンティーク 和箪笥

和洋折衷なインテリアを実現するための2つ目のポイントは、重厚な印象の木製家具を取り入れることです。
重厚さを感じさせる特徴は2つあります。ひとつはしっかりとした作りであること。もうひとつは濃い茶色をしているということです。先ほどご紹介した和洋折衷デザインの家具の他に、イギリスアンティークの家具もこの条件によく合いますね。
またそれ以外のジャンルの例えば時代箪笥などの和家具であっても、このような重厚な印象のものを選んで取り入れると、和洋折衷な大正ロマンならではの落ち着いた雰囲気を演出することができます。

なおこれからお部屋を建てたりリフォームするという方は、柱や木枠など家のパーツも濃い茶色にしておくと、よりコーディネートに深みが出ます。パーツを取り換えることができないという方は、可能であれば塗り直すなどして手を加えてみてもいいかもしれませんね。

木製家具×赤味がかった濃い茶色」の商品一覧はこちら
木製家具×黄味がかった濃い茶色」の商品一覧はこちら

レトロなガラスを取り入れてみる

レトロガラス

3つ目のポイントはレトロなガラスをお部屋に取り入れてみることです。レトロなガラスとは絶妙な揺らぎがある当時物のガラスのことで、結霜ガラスやモールガラス、ゆらゆらガラス、星ガラス、色ガラスなど様々な種類が見られます。どれもどこかあたたかな印象で、お部屋に取り入れれば懐かしい雰囲気を演出してくれます。
特に色鮮やかなステンドグラスなどの色ガラスは大正ロマンの代表格とも言える存在。大正ロマンな雰囲気をしっかりと感じさせたいという方は、ぜひ挑戦して欲しいアイテムです。

アンティーク ガラス

レトロガラスのお部屋への取り入れ方としては建具で取り入れる、扉にレトロガラスの入った家具を選ぶなどの方法があります。レトロガラスは種類によっては中を見えにくくする効果も持ち合わせていますので、生活感の出やすい小物類を隠したり、お部屋の中を目隠しすることも可能です。そんな実用性も踏まえながらお好みの方法で挑戦してみてはいかがでしょう。

ノスタルジックな照明を取り入れてみる

アンティーク ペンダントライト

4つ目のポイントはノスタルジックな照明を取り入れることです。照明はサイズ自体はさほど大きくありませんが、そのデザインから、そしてそこから漏れ出る光からお部屋の雰囲気をぐっと変えてくれる影響力の大きなインテリアアイテムです。また、多くの場合家具よりも手頃な価格で手に入るので、照明からインテリアの雰囲気作りに取り組むのもおすすめですよ。

和洋折衷な雰囲気を醸し出したいならノスタルジックな印象のアンティーク照明を取り入れるのがおすすめ。例えばちょっと素朴な佇まいのヨーロッパアンティークや、洋風デザインの和製アンティークの照明などがよく合います。

ノスタルジックな照明が気になる方は、こちらの記事もおすすめです

モダンな照明が素敵。大正ロマンのアンティークガラスシェードの世界」のRAFUJU MAGページはこちら

アンティーク照明×和製」の商品一覧はこちら

アンティークな建具を取り入れてみる

5つ目のポイントは、アンティークの建具を取り入れることです。今や建具は住宅メーカーのカタログから選ばれる場合がほとんどで、どうしても似た印象になりがちです。そんな建具を当時を彷彿とさせるノスタルジックな雰囲気にしてみれば、個性的で人と差が付くおしゃれな空間が演出できますよ。
大正ロマンな雰囲気を演出したいなら、おすすめなのが和製アンティークの建具です。その中でも和洋折衷なインテリアによく合う2種類をご紹介します。

レトロガラスの入った建具

レトロ 建具

先ほどご紹介したレトロガラスを使った建具です。光りの加減で異なるガラスの表情を見られるのも特徴のひとつ。昼と夜でお部屋の印象を変えてくれるので、一日の時間の流れをより楽しくしてくれる、そんなアイテムです。
色ガラスは目にぱっと入りやすい華やかさがあるので、お部屋で浮いてしまわないか心配される方もいらっしゃるかもしれません。けれど色味をあまり多くしないことに気を付ければ適度なお部屋のアクセントになってくれ、コーディネートはさほど難しくはないので安心してくださいね。

アンティークガラス戸」の商品一覧はこちら

格子戸

アンティーク 格子戸

和の印象が強い格子戸ですが、その端正でシンプルなデザインはコーディネートによってはモダンな印象にも変身してくれ、和洋折衷な空間作りにも持って来いなのです。レトロガラスのポップな雰囲気よりも落ち着いた印象がお好みの方には、きりりとした佇まいで空間を引き締めてくれるこちらの格子戸の方が適しているかもしれません。

アンティーク格子戸」の商品一覧はこちら

アンティーク ステンドグラス

なお、家を建て替えたり新築したりするタイミングでないと、サイズがまちまちなアンティーク建具を取り入れるのはなかなか難しいですよね。そんな時は小ぶりな建具類を自立するように手を加え衝立のようにしたり、紐をつけるなどしてぶら下げられるようにアレンジするのもおすすめです。窓やスタンドライトの前に置いてみれば、手軽なインテリアアイテムとしてお部屋に取り入れることができますよ。

和製アンティークのガラス戸に関してもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです

レトロなインテリア作りに活躍!アンティークガラス戸のデザイン紹介」のRAFUJU MAGページはこちら
お部屋の印象を左右する。アンティーク引き戸のガラスの種類に注目」のRAFUJU MAGページはこちら

和洋折衷な大正ロマン風コーディネート2選

和洋折衷のコーディネートを実現するためのポイントをご紹介してきましたが、実際にコーディネートしていくとどんな感じになるのか、まだちょっとイメージしにくいかもしれませんね。そこでここでは実際の和洋折衷な大正ロマン風コーディネートを2つご紹介します。

大正ロマン家具で叶える重厚感漂う書斎スペース

大正ロマン 書斎和洋折衷 インテリア

深い色味とどっしりした作りが印象的な大正ロマンスタイルの和製アンティーク家具をたっぷりと使った、書斎コーディネートです。デスクは両袖かつ両面から使えるしっかりとしたサイズのものをチョイス。壁掛けの本棚も大型のものを取り入れることで、より静謐で重厚な雰囲気漂う空間になりました。その分照明は小ぶりなペンダントライトを取り入れて、空間にほどよい軽やかさを演出しています。
窓辺の建具は青の色ガラス入りを選んで、落ち着きはキープしつつもノスタルジックなエッセンスを取り入れています。

このお部屋が詳しく見たい方はこちらから

大正ロマン家具で憧れの書斎を実現。重厚感漂う上質なインテリア」のPHOTO GALLERYページはこちら

色ガラスで洋館気分味わうエレガントなリビングダイニング

大正ロマン コーディネート大正ロマン インテリア

赤と青、原色使いが鮮やかなガラス戸を取り入れたリビングダイニングです。色ガラスに使われている赤と青の2色を基調としてコーディネート全体をまとめることで、リビングダイニングらしい楽しい雰囲気は残しつつも、シックな印象に仕上げています。大正ロマンデザインらしい上品な雰囲気漂う家具を食器棚やチェアで取り入れつつも、ちゃぶ台やローソファ、ペイントの施されたペンダントライトなどで親しみやすさをプラス。凛とした背伸びしたくなるような雰囲気と、心からリラックスできるムード、両方が備わった欲張りなコーディネートです。

このお部屋が詳しく見たい方はこちらから

色ガラスをインテリアのアクセントに。洋館風リビングダイニング」のPHOTO GALLERYページはこちら

最後に

和洋折衷な中でも人気の大正ロマンテイストなインテリアにフォーカスしてそのコーディネートのポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか。
なかなか自宅で再現するには難しいと思われがちな和洋折衷なインテリア。この記事がそのハードルを下げる手助けになればうれしいです。ムードあふれる大正ロマンなお部屋を実現して、ぜひ心満たされるようなとっておきのひと時を過ごしてくださいね。

RECOMMEND POSTS関連している記事

アンティークの専門用語集

アンティークの用語・歴史などをプロが解説

RAFUJU MAGの運営会社

国内最大級のアンティーク通販サイト「ラフジュ工房」では、日本、イギリス、フランス、北欧のアンティーク・ビンテージ家具や雑貨、人気の中古ブランド家具や民芸家具を販売しています。2017年11月23日に自社工房のある茨城県に実店舗をオープン!詳しくはサイトをご覧ください。

オンラインショップへ行く

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP