店長からお客様へ

ラフジュ店長が疑問にお答え!「搬入経路の確認をお願いできますか?」

こんにちは!ラフジュ工房店長の岩間守です。
今回のテーマは、こちら。

欲しい家具があるけれど、自宅に入るか心配です。購入前に搬入経路の確認をしてもらえますか?

ソファや食器棚、ダイニングテーブルなど大型家具の購入を検討しているとき、「この家具、家の中にちゃんと入るのかな…?」と心配になることがありますよね。

ご安心ください。ラフジュ工房では、搬入経路の下見サービスをご用意しています!

今回の記事では、この下見サービスのご案内とあわせて、自分でできる搬入経路の確認方法もご紹介しようと思います。
搬入経路の確認に費用をかけたくない方や、サービスを利用するほどではないけれど事前にちょっと確認しておきたいかも…という方などにも参考にしていただける内容なので、ぜひ目を通してみてくださいね。

搬入経路の確認方法の詳細や、下見サービスについての概要は、まずはこちらのページをご覧ください。

搬入経路について」のページはこちら

ラフジュ工房では、「搬入経路下見サービス」を行っています!

冒頭でもお伝えしたように、ラフジュ工房では「搬入経路の下見サービス」をご利用いただけます。
まずはサービスの概要をざっとご紹介しますね。

搬入経路の下見サービスは、実際に家具を搬入する配送スタッフがご自宅にうかがい、家具の搬入が可能かどうかを判断するサービスです。
実際に現場を下見することで、配送スタッフの増員の必要性や、窓からの搬入を行う吊り上げの必要性なども判断できるため、当日の搬入がスムーズになります。

下見サービスのご利用料金は、ご購入いただく家具の点数に関わらず、全国一律2,000円です。
(※合計20万円以上のお買い上げを検討されている場合は、下見サービス料金は無料となります。)
吊り上げが必要となる際など、別途追加料金がかかる場合もあります。

簡単に下見サービスのご利用の流れをご説明すると、

まずは商品購入時に、お電話あるいは注文画面の備考欄にて「下見サービス希望」の旨をお伝えください。


ご購入希望の商品を取り置きの状態にさせていただき、日程を調整したのち、実際に配送を行うヤマト運輸のスタッフさんが下見にうかがいます。(当店では配送はヤマト運輸さんにお願いしています。)


下見を行った当日、そのままヤマト運輸のスタッフさんから、搬入の可否や下見サービスの料金についてお伝えいたします。下見料金は現地で直接ヤマト運輸のスタッフの方へお渡しください。


その後、ヤマト運輸さんから当店へ下見サービスの終了報告が入り次第、当店からお客様へご連絡いたします。そこで家具を購入されるかどうか、検討の結果をお教えください。

(下見サービスの概要ここまで)

なぜ搬入経路の下見サービスを始めたのかというと、お客様に気軽に家具を買ってほしかったから。
お客様が当店の家具を買うときに障壁やハードルとなっているものをできるだけ取り除きたいという思いからです。

大型の家具を購入されるお客様はほとんどの方が搬入経路を気にされると思いますが、まだ実物が届いていない状態で自力で搬入経路を確認するのは結構面倒だったりしますよね。
また、面倒であるがゆえに「まあ大丈夫だろう」と注文してしまい、実際に届いてみたら案の定家に入らなかった!というショックな経験をされる方も時々いらっしゃいます。
家具が家に入らないと、最悪の場合返品ということになり、せっかく選んで買ったものも水の泡…。
そうならないためにも、事前にきちんと家の中の置きたい場所にまで入るかどうか確認できるサービスを、とこのサービスを始めたのです。
実際に家具の配送を行うスタッフが下見を行ってくれるので、安心感は抜群です!
料金は2,000円かかりますが、不安な方にとってはとても嬉しいサービスではないでしょうか。

ただ、なるべく費用をかけずに自分たちで確認できるなら確認したいという方のために、記事の後半では自分で搬入経路をチェックする際のコツやポイントをご紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

搬入が難しい場合には、家具吊り上げサービス

下見の結果、家への搬入が難しいとなったらどうなるの?

そんな場合もご安心ください!ラフジュ工房では家具吊り上げサービスもご用意しています!

「家具吊り上げサービス」はその名の通り、家具を吊り上げてベランダなどから搬入する方法です。
玄関や廊下などのスペースが狭かったり、階段が急で危険など、お客様ご自身でも明らかに搬入が難しいと思われる場合や、下見サービスで搬入が難しいと判断された場合、こちらのサービスをご利用いただけます。

ご利用料金は、人力での吊り上げが全国一律10,000円です。
滅多にありませんが、人力での吊り上げが厳しくクレーン車を使った吊り上げとなると、金額は別途ご相談となります。
まあ、ほとんどの場合、人力で吊り上げることが可能です。
吊り上げ料金のお支払いは、現地で直接お願いいたします。

吊り上げが必要かどうか、ご自身では判断できないという場合には、まずは先ほどご紹介した搬入経路下見サービスをご利用いただくことをおすすめします。
配送のプロの目できちんとチェックしてもらえるので安心ですよ。

店長直伝!ご自身で搬入経路を確認する方法

さて、自分で搬入経路を確認したい場合には、どこをどのようにチェックしたら良いのでしょうか。
最低限ココだけ押さえておけば大丈夫というポイントをお伝えします!

搬入経路チェックの5つのポイント

・家具のサイズは大きめに想定する
・段ボールを活用するとイメージしやすい
・有効幅に注意
・運び方のコツを知っておく
・搬入経路は4ヶ所を確認(エレベーター/階段/共用廊下や玄関/室内廊下や部屋の入口)

これらのポイントについて、こちらのページではイラスト付きで分かりやすく解説しています!

搬入経路について」のページはこちら

詳しい確認方法は上記のリンク先をご確認いただくとして、ここでは簡単に概要だけご説明します。

家具のサイズは大きめに想定する

まだ商品が届いていない状態で搬入経路を確認する場合、ますは商品のサイズをチェックしますよね。
その場合、サイト上に記載されている商品サイズの高さ・幅・奥行それぞれに+5cmして、少し大きめに想定されることをおすすめします。

理由は、大きく見積もっておくことで家具を搬入するときの動きやすさを確保できることと、梱包されている商品の場合には、梱包材の厚みなども考慮しておく必要があるからです。たいていの梱包材は5cm程度見積もっておけば大丈夫です。
(※ただし、梱包材を外したほうが運びやすい場合もあります)

段ボールを活用するとイメージしやすい

メジャーで商品サイズを測ってもイメージしにくい場合には、段ボールや厚紙などを家具を運ぶ際の底面と同じ大きさに切ってみると分かりやすいです。実際に切った段ボールを持って搬入経路を通してみれば、家具が通るかどうか、より実際の搬入に近い状況で判断することができます!
この方法は目に見えて分かりやすいので、ぜひ試してみていただきたいです!

有効幅に注意

搬入経路を確認する際に見落としがちなのが、ドアノブや照明などの突起物。これらを差し引いて、実際に家具を通せる空間サイズを「有効幅」と言います。
先ほどの段ボールでのチェックの際に、こうした障害物にぶつからないかどうか、ぜひ一緒に意識して確認してみてくださいね。
搬入の際に照明を外したり、ドアノブが障害となる場合にはドアを外してしまうというのも、見落とされがちですが有効な手段です。

運び方のコツを知っておく

家具の形と家の中のつくりによって、同じ家具でも状況によって様々な運び方があります。状況に合わせて対応できるように、搬入のプロもよく使う運び方のコツを押さえておきましょう。
家具をどのように動かせばスムーズに搬入できるのかを知っておくのも大切です。

・向きを変えて運ぶ
・立てて回して運ぶ
・分解して運ぶ

など、運び方のコツを下記のページでイラストを交えながら分かりやすく解説しています。

こちらのページの「搬入可否のスムーズな判断のために、3つの運び方を知っておく」の項目をご確認ください。

搬入経路について」のページはこちら

搬入経路は4ヶ所を確認(エレベーター/階段/共用廊下や玄関/室内廊下や部屋の入口)

家具を運び入れる前に必ずチェックしておきたい4ヶ所です。ご自分のお住まいに合わせて必要な個所を確認しておきましょう。

こちらのページでそれぞれ詳しくご説明しているので参考にしてください。

搬入経路について」のページはこちら

最後に

この記事では、「搬入経路の確認をお願いできますか?」という質問にお答えしました。
ラフジュ工房では、配送のプロによる搬入経路の下見サービスをご利用いただけます!
購入を検討している家具が無事に家の中に入るのか心配な方はぜひご利用ください。

また、自分で搬入経路を確認したいという方のために、最低限押さえておきたいチェックポイントをご紹介しました。
リンクでご紹介した「搬入経路について」のページで、より詳しい内容をイラストも交えながら分かりやすく解説していますので、ぜひそちらも併せてご確認いただければと思います。

購入前にしっかりと搬入経路を確認しておかないと、最悪の場合、家の中に家具が入らず返品せざるを得ない…なんてことになりかねません。
気に入った家具を届いたその日から気持ちよく使い始められるように、ぜひ家具の購入の前に搬入経路はしっかりと確認しておきましょう!

搬入経路の確認について、ご不明な点やご心配な点などありましたら何でもお気軽にご相談ください。

店長あいさつのページもぜひご覧ください!

店長あいさつのページでは、店長の来歴や古い家具に対する想いについてお話しています。
ラフジュ工房を始めた経緯もイラストで分かりやすくまとまっているので、ぜひ一度覗いてみてください。

 

「店長あいさつ」のページはこちら

 

RECOMMEND ITEMSあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

アンティークの専門用語集

アンティークの用語・歴史などをプロが解説

RAFUJU MAGの運営会社

国内最大級のアンティーク通販サイト「ラフジュ工房」では、日本、イギリス、フランス、北欧のアンティーク・ビンテージ家具や雑貨、人気の中古ブランド家具や民芸家具を販売しています。2017年11月23日に自社工房のある茨城県に実店舗をオープン!詳しくはサイトをご覧ください。

オンラインショップへ行く

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP